banner

通信制高校を卒業後達成できたこと

私の知人は、通信制高校を選んだことで社会人として活躍できたと思っています。
中学校の段階では不登校でしたが、いきなり全日制や定時制のようなカリキュラムを こなすことは難しかったと思います。
また、学習障害である学習障害があるため一斉授業ではどうしてもゆっくりと理解せざるを得ませんでした。
自宅で勉強もできる通信制高校の単位制であったため、自分のペースで勉強できたそうです。
また、発達障害に理解のある高校であったため、学習障害の特性に配慮してもらったり アドバイスも受けることができました。
特別支援教育はどうしても小中学校が中心となり高校ではなかなかないようです。
その結果、自分の障害理解が進み進路の決定にも影響を与えました。
彼は現在、特別進学校の先生をしていますが、通信制高校時に受けた支援のように 生徒や家族に接しているそうです。
親身に話を聞いたり自尊心を高めるような働きを心がけています。
通信制高校は一斉授業だけでなく、少数人数の授業や個別の授業など様々な形態の授業があります。
その経験を踏まえて、ひとりひとりに合った学習の仕方を提案しているとのことです。
このように、通信制高校を選んだことで成功したことや達成できたことは多かったと考えているようです。

<PREV NEXT >

Copyright(C)2013 通信制高校について考える All Rights Reserved.